女性が持っていると転職に有利な資格とは

Just another WordPress site

転職理由がマイナスな事だとしてもプラスのイメージに置き換えましょう

2016年5月24日(火) 16:54

辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」と表現すると良いと思います。
マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスのイメージになります。
履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。
労働時間の長さを理由に辞めたときは「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境での成長を希望しています」と変えるとイメージが悪くなりません。
ネガティブな転職理由も表現を変更することで、ポジティブに受け取られます。
履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が理想とされています。
35歳転職限界説は有名ですよね。
この説によると、35歳以上だと転職することができなくなるというものです。いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当は、どうなのでしょうか?本当のところは、35歳転職限界説は既に過去の話となっています。
今ではどの会社も生き残るために懸命の努力を行っていますから、年齢で選抜している場合ではないのでしょう。
良い転職理由とは、最初に、どうして転職しようと考えたのかを心に思い起こしてください。そのままの表現で伝える訳ではないので、正直に文字にしてみましょう。そして、それを悪い印象にならないように表現を変えてみてください。転職する理由を長く語ると正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔に要点をまとめましょう。

Page Top

Copyright(c)女性が持っていると転職に有利な資格とは. All rights reserved.